ホール等使用料金

区 分 基本区分 複合区分
9:00

12:00
13:00
|
16:30
17:30
|
22:00
9:00
|
16:30
13:00
|
22:00
9:00
|
22:00
ホール 入場料を徴収しない場合
8,030 9,380 12,050 17,410 21,430 29,460
土曜
休日
8,930 10,410 13,400 19,340 23,810 32,740
500円以下の入場料を徴収する場合
8,930 10,410 13,400 19,340 23,810 32,740
土曜
休日
10,710 12,500 16,080 23,210 28,580 39,290
1,000円以下の入場料を徴収する場合
10,710 12,500 16,080 23,210 28,580 39,290
土曜
休日
12,500 14,580 18,760 27,080 33,340 45,840
2,000円以下の入場料を徴収する場合
12,500 14,580 18,760 27,080 33,340 45,840
土曜
休日
16,980 19,810 25,460 36,790 45,270 62,250
3,000円以下の入場料を徴収する場合
17,870 20,840 26,810 38,710 47,650 65,520
土曜
休日
20,540 23,960 30,810 44,500 54,770 75,310
3,000円を超える入場料を徴収する場合
20,540 23,960 30,810 44,500 54,770 75,310
土曜
休日
25,910 30,230 38,870 56,140 69,100 95,010
楽屋1 410 410 410 820 820 1,230
楽屋2 410 410 410 820 820 1,230
楽屋3 610 610 610 1,220 1,220 1,830
楽屋4 610 610 610 1,220 1,220 1,830
シャワー室1 300 300 300 600 600 900
シャワー室2 300 300 300 600 600 900
設備、器具等 市長が定める額
備考
  • 休日とは、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。
  • 入場料とは、入場料、会費、会場整理費その他の名称のいかんにかかわらず、催物1回について入場者が支払う対価をいい、座席等により入場の対価の額が異なる場合は、その最高額とする。
  • ホールを専ら練習のために使用する場合(後刻の催物のために使用する場合を除く。)の使用料は、入場料を徴収しない場合の平日の区分による使用料の100分の30に相当する額とする。
  • 入場料を徴収しないが、ホール又は楽屋を営業、宣伝その他これらに類する目的で使用する場合の使用料は、当該使用料の100分の150に相当する額とする。
  • 使用時間がやむを得ない理由により、あらかじめ許可された使用時間を超える場合は、1時間以内に限り延長できるものとし、その延長使用料は当該使用時間基本区分の1時間当たり料金の100分の150に相当する額とする。
  • この表に基づいて算出した使用料に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

PAGE TOP